根拠は何か、目的は何かを考える|公務員の仕事術

スポンサードリンク

根拠は何か、目的は何かを考える|公務員の仕事術

こんな話があります。公務員1年目で庶務担当していたAさんが、契約締結依頼を管財課に提出すると、「これでは受けられない」といわれてしまいました。もともと一者随意契約(随契)で行われていたため、その理由書も以前のものと同じように書き写していたにも関わらず「これでは受けられない」と言われたのです。原因は、契約手続きの見直しによって以前のままでは一者随契は難しくなっていたからです。このとき、作業手順ばかり意識していなければ、もしかしたら失敗しなかったかもしれません。そして、一者随契についての詳細や、今回の契約で一者随契が必要な理由と、どのように記述すべきかと理解していれば、失敗しなかったでしょう。「前例どおりにやっていたのに失敗した」というのは言い訳になりません。丁寧に仕事を進めたつもりでも、こういった結果になります。根拠と目的は見過ごされやすいため、しっかり意識することが重要になります。資料ひとつでも、使う場面や目的によって求められる精度は異なるでしょう。だからこそ、目的を確認するようにしてください。そうすれば仕事の焦点が明確になってくるはずです。

 

スポンサードリンク

 

目的意識が仕事を楽しくする
昔小さな町の広場で作業をしている2人のレンガ職人がいました。ある旅人がその町を訪れた際、その職人たちに出会い、そこで「何をしているのか」と尋ねると、1人目のレンガ職人はこう答えました。「見ての通りレンガを積んでいるんだよ」。2人目のレンガ職人は、「教会を作るためにレンガを積んでいるんだ。この教会は多くの信者の心の拠り所だから、良いものを作り信者に喜んでもらいたい」と答えました。その後2人目のレンガ職人は高い技術と知識で、その後現場監督を任されました。

 

仕事に対する目的意識について考えさせられる話です。これは私たちの仕事にもいえることでしょう。自身が目的としているのは、「レンガ」なのか「賃金」なのか、はたまた「大切な心の拠り所」なのか。2人のレンガ職人は、同じことをやっていても目的意識はそれぞれ異なります。このように、高い目的意識を持つことで仕事に対する考え方は変わってきます。ぜひ、入社したら早いうちに身につけてほしい習慣です。

スポンサードリンク

根拠は何か、目的は何かを考える|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する