人間関係を広げると仕事がやりやすくなる|公務員の仕事術

スポンサードリンク

人間関係を広げると仕事がやりやすくなる|公務員の仕事術

世の中には顔が広い人がおり、あちこちに人脈を持っています。そのため、自分の部署だけでなくどの職場にも親しく話ができる知り合いがいて、仕事においてもそれがとても役に立っています。そういう人は、さまざまな動きに通じてざっくばらんに相談もできるので、情報源も豊富です。いろんな情報を吸収できるので、仕事にも役立たせることができるのでしょう。また、顔が広い人は、人との縁をとても大切にしています。そして、とても柔軟。自分の部署以外の知り合いは不要といった硬い考え方をしていないので、誘いも受けますし、周囲にも話しやすいといった印象を与えます。そういった好循環は、しっかり維持できるのがベストです。そのためには、やはり誘いを受けたら顔を出し、自らどんどん輪を広げていきましょう。新人のうちは誘われる機会が多いので、なるべく受けるようにしてください。そうすることで新たな縁を発生させることができるでしょう。せっかくの縁も、何もしなければ減っていきます。いろんな場に顔を出すことで、交流が深まり仕事にも役立たせることができるのです。また、いろんな体験をすることで「体験感度」も上がっていきます。自分の幅が広がるきっかけにもなりますから、もし「いつも声をかけてもらえない」と思っているのであれば、自分から声をかけてみましょう。一番良いのは誘われたときに「OK」することですが、それができずに年数だけが経過してしまうと、自分から声をかけなければ縁は生まれません。逆に新人の頃にいろんな誘いに顔を出していれば、自然と縁が発生しますので向こうから声をかけてくれます。

 

スポンサードリンク

 

ただ、どうしても断らなければいけない場合もあるでしょう。この場合、「断り方」がポイントです。まず、誘ってくれたことに感謝します。仕事の先約や体調不良などで誘いを受けられない場合は、曖昧な返事ではなくきっぱりと断ってください。このとき、誘ってくれたことに感謝していることで、断ってもマイナスな印象を与えません。そして後日、出会ったときは「誘っていただいた件、当日はいかがでしたか?」と聞いてみましょう。そうすると、きっとまた誘ってくれるはずです。しかし、仕事の先約でもなく体調不良でもない場合、要するに乗り気でない場合もあるでしょう。無理に参加しても疲れるだけですし、気分が表情に出て迷惑をかけてしまう場合がありますので、無理に誘いを受ける必要はありません。しかし断るときは、参加できないことをきちんと伝えてください。期待させてしまうと逆効果になってしまうので注意しましょう。

 

また、政治と宗教の話題にも十分注意してください。職員同士の集まりの場合はほとんど話題にならないと思いますが、地域関係の場合、時にそういった話題が出ることがあります。公務員は、公正・公平を旨とする職業です。特定の政治的考え方や宗教に偏ってしまうと、悪影響を及ぼす恐れがあるでしょう。本人のみ悪影響を及ぼすならまだしも、自治体全体にもマイナスになりますので気をつけなければいけません。万が一口を滑らせてしまう恐れがある場合、参加しないのがベストです。参加する場合も、そうした発言は控えましょう。何気ないひと言が聞き逃せない発言になることもありますので、十分注意してください。特に、選挙が近い時期などは気をつけましょう。参加すべきか迷った場合は、上司・先輩などに相談することをおすすめします。

スポンサードリンク

人間関係を広げると仕事がやりやすくなる|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する