進みたいキャリアを意識する|公務員の仕事術

スポンサードリンク

進みたいキャリアを意識する|公務員の仕事術

定年までに同期の中で係長級以上になるのは2人に1人です。自治体によって異なりますが、2人に1人というのは民間に比べると多くなります。公務員のキャリアは、1.マネージャー、2.スペシャリスト、3.スタッフの大きく3つに分けられます。1は、係長をはじめ課長や部長、2は専任主査(係長級)、3は主事・主任として処遇され、係長級になるには1と2の合計が必要です。また主任・係長・専任主査については昇任試験があります。それぞれのキャリアは役割に違いがあり、適性や能力、ワーク、ライフなどに対する考え方によってどれが良いか決まってきます。組織運営上、一定の役職者を揃えることは重要になりますが、自分はスタッフでいるつもりだったのに、係長職昇任試験を受けなければいけなくなることもあるでしょう。係長になるための敵影や能力などがあったうえで、きちんと考えて受験するのであれば良いのですが、深く考えずに受験しポストに就いてしまうと、大きな苦労を抱えることになってしまいます。マネージャーとして求められる能力は、スタッフとは異なります。そのスキルを身につけるためには長年の努力も必要になりますし、出産や育児、介護といったライフレベルも関わってくることになるでしょう。自分が進むべきキャリアは、受験資格を与えられてから考えるのではなく、与えられるまでに考えておくことです。それまでに準備・努力しスキルを高めていれば、いざ受験資格を与えられてもある程度心構えができます。女性で出産や育児など負担が偏りやすい人は、早めに選択・準備をしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

多くの公務員は、「若手」「中堅」「マネージャー」の3つの壁にぶつかりやすいといいます。特にマネージャーの壁は高く、試験に合格しても壁にぶつかる人が多いでしょう。なかには、降格してしまう人もいます。試験勉強も決してラクなものではありませんが、本当の壁は試験に合格した後です。しかし3つの壁も、中身を十分理解し努力をしていれば、恐れる心配はないでしょう。若手の壁は、新人から3〜5年でぶつかります。中堅の壁は、中堅になるまでの10年目前後の壁です。これまで培ってきた知識・技術・人脈が問われる時期ともいえます。そして、マネージャーの壁です。これは、係長・管理職ではマネジメント能力、いわゆるチームでいかに成果を出せるかが問われることになります。個人としての処理能力だけでなく、チームでいかに成果が出せるかが重要になるでしょう。ここで間違えてしまうと、ひとり遅くまで頑張ってしまうことになります。この3つの壁は、若手の壁→中堅の壁→マネージャーの壁の順に乗り越えていくことになるでしょう。中堅の壁やマネージャーの壁を乗り越えることができるのも、若手の壁を乗り越えてこそです。なお、スペシャリストになるためには、また別の壁があります。重要になる能力は、「職人気質」「フォロワーシップ」の2つです。

スポンサードリンク

進みたいキャリアを意識する|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する