家族や友人と過ごす時間を持つ|公務員の仕事術

スポンサードリンク

家族や友人と過ごす時間を持つ|公務員の仕事術

家族や友人と過ごす時間を持つことと、仕事がどのように関係してくるのか…。家族や友人はいつでも会えると思っている人が多いでしょう。しかし、仕事が忙しくなるとなかなか会える機会がありません。近い人ほど、意識しないと会うことができないのです。「いつでも会える」と思っていたら、何年も会えていない…という人は意外と少なくないといいます。特に、20代・30代は繁忙期ですから、仕事もプライベートも忙しく、結婚し子供が生まれれば子供中心の生活になり、ますます家族や友人と疎遠になります。皆さんは、恋人や親しい友人だけでなく、家族や幅広い友人と過ごす時間を持てていますか?後になって「もっと会いに行っていれば良かった」というようなことのないように、少しでも時間を作って家族やいろんな友人と会う時間を作りましょう。特に若いうちほど、意識的に会う時間を作ることが大切です。

 

スポンサードリンク

 

それが、将来結婚したときなどにサポートしてもらえたり、心から祝ってくれたり、わざわざ会う機会を作ってくれたり欠かせぬ基礎となるものです。家族や友人と会う時間を遠回しにしていると、助けてほしいときに何も手を差し伸べてくれないかもしれません。それくらい、家族や友人と会う時間はとても大切なことなのです。しばらく会っていなくても、すぐに昔のように話せる関係はとても貴重なもの。そういう関係は仕事ではなかなか作ることはできません。疲れたときの癒しの存在にもなってくれるでしょう。

 

公務員の人間関係はとても狭く濃いものです。人事異動が多いですから、その都度濃く付き合う人が違います。しかし、公務員として働いている以上仕方のないことで、そのなかで一喜一憂するしかありません。それも決して悪いことではありませんが、時にストレスになってしまいます。だからといってそこから逃げてしまえば居心地が悪くなってしまいます。近年、メンタルへルス問題で退職している公務員は少なくありません。それどころか年々増えているといいますから、家族や友人と会う時間を作り、ゆっくり過ごすことがいかに大切であることかが分かるでしょう。家族や友人との時間を大切にしている人は、たとえ仕事で自分を見失うようなことがあっても、情緒バランスを失うことはありません。それは、自分の「居場所」があるからです。自分が必要とされているという感覚を持つためにも、「最近家族や友人と会っていない」という人は積極的に会う時間を作ってください。その時間は、職場の人間関係をも立て直してくれるはずです。

スポンサードリンク

家族や友人と過ごす時間を持つ|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する