前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース

スポンサードリンク

前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース

公務員の仕事には、多くの前例・事例が存在します。
逆に言えば、前例がないケースは非常に稀ともいえます。
ですから、役所にある過去の資料・資源はとても役に立ち、フル活用することで簡単に仕事ができるようになります。

 

過去の資料をきちんと確認していれば、大きな失敗をすることはほとんどありません。
若手職員で多い失敗が、全部イチからやろうとしてしまうことです。
はじめてやる手続きや起案を全部イチからやってしまっては、処理にも時間がかかり、さらに上がってきた起案文書は誤りが多くなってしまします。

 

たとえはじめてやる手続きや起案でも、先にも述べたように先輩公務員が苦労して作ってくれた前例・事例があるはずです。
書庫を見ればそういった起案は多いですから、事例を参考にしていれば、わざわざイチから書く必要ありません。
例えあなたの課でははじめてのものだった、他の部署では当たり前のように処理しているなんてことはよくあるので、そういった部署に確認すれば資料はすぐに見つかります。

 

スポンサードリンク

 

見つかりさえすればあとは簡単に作業が流れていくはずです。
だからこそ、役所の過去資源はどんどん活用し、先輩からきちんとアドバイスを受けることで、仕事の効率が上がります。

 

資源は過去の資料を掘り返すことも大切ですが、現在進行形で「良い仕事は残しておく」、「珍しい事例でもまた起こりそうな事例はコピーを残してしておく」など、自分でストックすることも大切です。
これらを参考にし、前例・事例をきちんと収集していれば、大きな失敗はまずおこらなくなります。
たとえ今役に立たなくても、どの事案にもアンテナを張り、読み込んだうえでコピーにとっておけば後日役立つときがくるはずです。
仕事ができる人は、これらを当たり前のようにやってたりしますし、簡単に力の底上げが出来る公務員の仕事のコツといえます。
覚えておけば、例えば異動したとしても、どの職場に就いても役に立つでしょう。

 

マニュアルも書式も、参考にできるものはすべて起案を集めておきましょう。
前例コレクターになることをおすすめします。
また、資源は何も資料だけではありません。人脈づくりも仕事をするうえで重要です。
この分野はこの先輩というような人がいて、気軽に教えてくれる関係が築ければ、何物にも代えがたい財産になるはずです。
分野別にいろんな人に事案を聞けるように、聞ける人を見つけておくのも資源活用のポイントです。
それらストックをコツコツと集めていけばは、3年後、10年後、いずれ大きな財産になります。

 

スポンサードリンク

前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する