叱られたら正面から乗り越える|公務員の仕事術

スポンサードリンク

叱られたら正面から乗り越える|公務員の仕事術

叱られることが好きな人は多くないでしょう。むしろイヤだと思う人のほうがほとんどです。しかし、公務員として働いているといかに「叱られ上手」がメリットになるかが分かります。「公務員だからこそ、叱られないように完璧な仕事を目指すべきなのでは」と思うかもしれません。それなのに叱られ上手になったほうが良いというのは、叱られることで成長へと繋がるからです。新人のうちは、叱られることがほとんどで、叱られない人はいないといっても過言ではありません。しかし叱られることでストレスになり、「もう仕事をしたくない」と思うでしょう。もしかしたら叱られ続けることで転職を考えてしまう人もいるかもしれません。それでも、年数が経つと新人の頃のように叱られることは減ります。そこで初めて、叱ってもらえることの有り難さを知ることになります。

 

スポンサードリンク

 

叱られると腹が立つ、気分が悪くなりますが、腹が立つということはその指摘が正しいからです。もちろん、すべての人が叱られて腹が立つわけではありませんが、なかには「こちらの大変さも知らないで」「自分のことは棚に上げて」とムッとしてしまう人のほうが多いでしょう。しかし、先にも述べたように叱られて腹が立つのはその指摘が正しいからです。外れていればその指摘は間違っていいないと思うわけですから、そこまで腹が立つことはありません。指摘されて当たっているからこそ腹が立つのでしょう。叱られると、「自分はできが悪い」と思う人が多いと思いますが、実際はその逆で、できる人ほど叱られています。そして、叱られ上手なのです。仕事ができる人もできない人も、能力の差はそれほど大きくありません。叱られたことをいかに上手く活かしていけるか否か。その違いにあるのです。だからこそ、失敗した経験もすべて糧にし、どんどん成長していくのでしょう。叱られず完璧に仕事をこなすことはすごいことですが、失敗を経験しなければ前へ進むことはできません。ですから、叱られ上手を目指してください。そして、叱られたことをしっかり受け止め乗り越えていきましょう。将来、その失敗が必ず役に立つときがくるはずです。叱られたら、まずなぜ叱られたのかを考えてみてください。

 

優れた人は、1から10を知ることができます。それ以外の人は、1から1しか知ることができないといいます。けれど、その1を確実に知ることができれば10年後には大きな差となります。ですから、叱られたことには正面から向き合ってください。叱られたことに対して言い訳や腹を立てるのではなく、一旦受け止めて指摘されたことを修正していきましょう。正面から向き合い続けることでしか身につかないことがたくさんあるからです。新人の場合、なかなか素直に受け入れることはできないかもしれません。しかし先にも述べたように、何れ叱られたことや失敗したことが役に立ちます。乗り越えるまでの時間は個々によって違いますが、それでも頑張って乗り越えることができれば糧になるでしょう。

スポンサードリンク

叱られたら正面から乗り越える|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する