人には敬意を払おう|公務員の仕事術

スポンサードリンク

人には敬意を払おう|公務員の仕事術

 

どんな人間にも長所がありプライドがあります。いろんな職員と接していると、欠点ばかり目立つこともあるかもしれません。しかし、そんな欠点ばかりに見える職員にも必ず長所がありますし、プライドを持っています。そのプライドを重んじて付き合っていくことが人付き合いではとても重要になるでしょう。「一寸の虫にも五分の魂」ということわざがあります。これは、小さな者・弱い者でも相応の意地や感情を持っており、それを馬鹿にしてはいけないという意味です。前述した話でいうと、どんな人間にも長所やプライドがあるということに繋がります。たとえば嫌いな人間、苦手な人間はどうしても欠点ばかりが目立って見えますが、そんな人たちにも長所やプライドがあり、上手く付き合っていくにはその部分を見て接していかなければいけません。そうすることで仕事もスムーズになり、ストレスも抱えにくくなります。それは他人が自分を見たときも同様です。もしかしたら欠点ばかり目立っているかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

なかには、毎日のように人の愚痴ばかり言っている人がいます。「あなたの口からは愚痴しか出てこないのか」というほど、つらつらと愚痴ばかり並べて人の良いところを見ようとしません。誰だって文句を言いたくなることもあるでしょう。自分のことを棚に上げて愚痴を吐きたくなることもあるでしょう。しかし、心の中で思っているのとわざわざ口に出して文句を言うのとではワケが違いますし、それは決して正しいことではありません。むしろ間違った態度です。公務員の場合、何だかんだいって採用試験は簡単ではありませんし、どの職員も難関を突破した人ばかりです。要するに、どこかで優秀さを持っています。プライドだってあるでしょう。人が低く見える、あるいは完璧に見える場合は自分の心は穏やかではありません。そして、自分のことを棚に上げて恨みつらみばかり吐いている人は危険な状態です。他人のプライドを傷つけるということは、その恨みを長きに渡って抱えることになり兼ねないでしょう。空気を読むことに長けた新人さんにとっては無用な心配かもしれませんが、どんな場面でも必ず相手の長所を意識し、プライドに配慮するようにしましょう。そうすることが公務員として上手く付き合っていくコツです。

 

公務員は、いろんな人たちと関わります。人事異動も多いですし、どの職員も性格・強みが違います。人事異動が多いので、必ず一度は方向性とぶつかることもあるでしょう。それは、それぞれに強みがあるということ。そこに敬意を払い接することが大切でしょう。つい自分を甘く採点しがちですが、それを自覚して相手の長所と付き合っていきましょう。

スポンサードリンク

人には敬意を払おう|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する