根回しのやり方を覚えよう|公務員の仕事術

スポンサードリンク

根回しのやり方を覚えよう|公務員の仕事術

せっかく起案したものも、課長が不在で進められないことがあります。新人のときは、この場合どのように対処したら良いか分からない人が多いでしょう。しかも、その起案は課長の決裁を経て期日までに業者にシステム改修をしなければいけない…。要するに課長がいなければ進められないというわけです。期日までに日数があれば他の仕事を片付けることができますが、日数がない場合は焦ってしまいます。課長が出張や休暇と重なっていれば、なおさら大変でしょう。この案件でもっとも大切なことは、「課長に相談する」「その判断を踏まえ起案をまとめて決裁を得る」ことです。課長がいなければどうにもならないのであれば、事前に課長の予定を押さえておくことが大切ですし、先に相談だけ済ませていれば焦ることはなかったでしょう。仕事をスムーズに進めるためには、「関係者の予定をしっかり押さえること」が重要になります。特に調整の場合、根回しを要する人たちの予定は先に押さえておく必要があり、そうしないことにはスムーズに予定を進めることはできないからです。前述した事態は、課長には問題ありません。課長も出張や休暇などが重なり多忙であると、きちんと対応することができないからです。それに合わせて部下が動くのが筋になります。

 

スポンサードリンク

 

ですから、課長の決裁を得るのが必要になるのであれば、まず課長の予定を把握し、課長の予定に合わせなければいけません。議会対応が集中すると、まとまった時間は割いてもらえませんし、相談も難しくなってしまいます。ですから、相談が必要になる場合は必ず議会のない月に予定を入れておくことが大切でしょう。どんな大きなイベントでも列席者となっている場合があるので注意してください。

 

関係者の予定をしっかり把握しておくと、忙しい時期もある程度知ることができます。何に関心を払っているかも見えてくるでしょう。そこに配慮し、分かりやすい説明をすることで根回しの効果は倍増します。ひと口に根回しといっても、関係者によって忙しさは違いますし、説明にかかる時間や話す内容も異なります。議会や審議会などで問題の話題が上がっていれば、細かい説明が求められる場合もあるでしょう。逆に問題に忙殺されている場合は、簡潔で短い説明が求められます。関係者が上司に説明しなければいけないときは、渡す資料を分かりやすくしておくことも大切でしょう。たとえば、予算要求のヒアリングなら「見れば分かる資料」が必要になります。この場合、図やグラフを使うとより分かりやすくなるでしょう。こうした気づかいも、仕事をスムーズに進めていくためには欠かせないことです。先にも述べましたが、公務員の仕事はひとりで完結するものではありません。特に大きい仕事は、関係者が多く円滑に進められない場合が多いといわれています。ですから、関係者の予定をしっかり押さえ状況を把握することが重要になるでしょう。

スポンサードリンク

根回しのやり方を覚えよう|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する