立体的な人間関係を作ろう|公務員の仕事術

スポンサードリンク

立体的な人間関係を作ろう|公務員の仕事術

公務員の人間関係で重要になるのが「立体的な関係」です。公務員はさまざまな人と接する仕事です。それは異動が多いことも関係していますが、研修などで出会う機会もあります。さまざまな場所で出会った縁は、異動をきっかけに切れてしまうこともありますが、続く縁もあるでしょう。たとえ部署や自治体が違っても、以前同じような仕事に携わると情報交換は続きます。もちろんすべての公務員がこのような関係を築けるわけではありませんが、立体的な人間関係を作ることで人間関係の耐震補強ができ、多くの人と関わることができるようになります。「誘われたら顔を出す」でも述べましたが、顔の広い人も立体的な人間関係を築いています。過去・上司や先輩などのタテ関係でもなく、同期や同僚などのヨコ関係でもなく、立体的な人間関係です。たとえばメンターなどはこの関係であることが多いといいます。もちろんタテ・ヨコそれぞれの関係もとても重要で、そこから出会いが発生し、立体的な関係が生まれます。きっかけはどれもタテの関係・ヨコの関係ということも忘れてはいけません。もちろん、突然立体的な関係になることもあるでしょう。直接の上司や先輩でも友人でもない…。公務員の人間関係は豊かに広がっていきます。出会った人間関係は、太く深くするために苦楽を共にしなければいけません。共に楽しむ関係か、大きな事業をやりきる関係か、そのような関係こそが財産でしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

もともと、公務員の職場は狭く、特に上司や先輩、部下などのタテ関係においては小さなことで険悪になりやすいといわれています。第一印象からマイナスな印象を与えてしまうこともあるでしょう。もちろん、タテ関係に限ったことではありません。同期や同僚といったヨコ関係でも同じです。立体的な関係は、そういったマイナスな人間関係を救ってくれることがあります。たとえば、反りの合わない上司がいたとしましょう。しかし一方で、趣味の合う別の課の先輩がいたとします。立体的な関係が築けていると、上司と同期が陰でフォローしてくれる場合はよくあるといいます。他の部署、他の自治体関係者が助けてくれることもあるでしょう。特に地域では、こういった立体的な関係が仕事にも大きく関わってくる場合があります。公務員として働く以上、タテ・ヨコの人間関係だけでは危機的なものになることが多いといいます。そのなかで立体的な関係は、人間関係の補強として役に立つはずです。

スポンサードリンク

立体的な人間関係を作ろう|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する