健康で学ぶことを忘れないようにする|公務員の仕事術

スポンサードリンク

健康で学ぶことを忘れないようにする|公務員の仕事術

トップリーダーとして活躍している人たちは、超がつくほど健康だといいます。自治体の市長ともなると、休みは年に数日だけ。年末年始とお盆くらいしかありませんから、元気でなければ務まりません。雨の日も雪の日も、どんなに悪天候でも出勤し、挨拶も声に張りがあります。深夜まで市議会が行われても、翌朝には組合と団体交渉…。とてもタフです。もちろんすべてのトップリーダーが超がつくほど健康というわけではありませんが、なぜか市の幹部たちは非常に健康的でタフな人が多いといいます。

 

健康でいるためには、当然努力も必要でしょう。何もせずに健康な人はほとんどいません。若いうちはそうであっても、年を取ると健康維持が大切です。自治体の市長をしている人は、決して若くありません。それでも健康的でタフな人が多いといいますから、それなりに気づかった生活を送っているのでしょう。もちろん、若いうちから健康づくりの習慣を持つことができれば、中年以降も健康は維持できます。暴飲暴食はせず、適度な運動をし、ゆっくり寝るようにしてください。

 

スポンサードリンク

 

健康に留意している人は、先にも述べたようにいろんな工夫をしています。昼休みのちょっとした時間に外へ出て、体を動かしている人もいるでしょう。快眠のために自分に合った枕を選んでいる人もいるかもしれません。小さな工夫が、健康でタフな体を作り上げてくれるのです。とはいえ、人間ですから体調を崩すときもあります。そんなときは、無理をせずにすぐに対処してください。健康でタフだからとそのままにしておくと、後年悩まされる人が少なくないといいます。いつまでも元気なトップリーダーでいるためにも、ゆっくり心身を休ませ回復させることも大切です。

 

公務員も、10年目を過ぎるとベテランです。肩書きもつき、組織の要としてさまざまな仕事を任されるようになるでしょう。中核的な仕事を担う機会が増えるのも、公務員10年目を過ぎた頃です。また、自治体の上層部や他の自治体の職員との接点も自ずと増えてきます。そんなとき、教養がないと相手にしてもらえません。健康であることも大切ですが、ただ健康であるだけで無教養だと当然相手にされなくなります。何かひとつでも良いので、教養を磨きましょう。とはいえ、教養を磨いてもマニアックでは会話は成り立ちませんから、会話が楽しめる程度の教養でかまいません。また持っている教養の話題が出たときは、自慢っぽくならないことも大切です。健康と教養と言われてもいまいちピンとこないかもしれません。それでも重要になると説明したのは、どちらも身につくまでに時間がかかるからです。早いうちから健康と教養を身につけていれば、将来必ず役に立つでしょう。

スポンサードリンク

健康で学ぶことを忘れないようにする|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する