調整と整理の違い|公務員の仕事術

スポンサードリンク

調整と整理の違いを覚えよう|公務員の仕事術

どんなに事務力が高くても、調整力が欠けていると調整事項が生じ、ことが上手く進みません。これは、相手の課に出かけた場合に大きな問題になりやすく、一度こじれるとそのフォローがとても大変になります。調整力が高い人はこういったトラブルは少なく、基準に沿って正しく整えることができます。たとえば、ある業務で2つの係のどちらで処理をするかで揉めた場合、調整力が高い人は意見を丸く収めることができますし、その丸く収めた意見を正しく整えることができます。それができない場合、先ほどの業務は自分の立場からの主張ばかりで一向に解決しないでしょう。

 

ただ注意してほしいのは、調整力とはただ複数の関係者の意見を丸く収めるだけではありません。それは前述しましたが、そこからさらに正しく整える能力こそが真の調整力なのです。丸く収めるだけでは、それぞれの主張を都合の良いところだけを取り、表現をごまかしているだけなので、何れ問題が発生します。要するに表面上でしか解決していないのでふたたびトラブルが起きてしまうのです。調整力は、公務員にとって欠かせません。そして、大事なのはその基準であり、その基準から正しく整えていくことになります。ちなみに、公務員が「交渉」という言葉を使うことはほとんどありません。使う場面があっても、「労使交渉」「用地買収交渉」「納税交渉」など限られているでしょう。交渉力が求められる場面では重要視されますが、基本的に求められるのは調整力になります。少し前に2つの係り間でどちらの業務を処理するかという話をしました。このとき、正しく調整できる人は調整力に長けているとも説明しましたが、核心をいうと所掌事務を定めた組織規則の規定の解釈=調整になります。

 

スポンサードリンク

 

公務員にとって調整はとても重要ですが、「整理」もよく使われる言葉です。分かりやすく簡潔にいうと、「新たに生じた事態などへの対応の考え方になります。いわゆる、筋を立てて話すことを「整理」といいます。調整された結果は、きちんと整理して今後も説明できるように筋を通しておかなければいけません。そうすることでその先も困ることなく安心して仕事を進めていくことができるのです。ただ調整するだけでは、後々大いに困ることになります。それを避けるためにも、調整力だけでなく調整したことをしっかり整理できるように心がけましょう。筋の中身にこだわることがもっとも重要になります。筋が通っていなければ、大幅な見直しを求められる可能性もあるでしょう。そして、整理が不十分だったことで迷惑をかけることになる可能性も、自身が痛手を負うこともあります。正しく整理していくためには、きちんと法令の基礎的なことを理解し、具体的な整理事例を理解する必要があります。もし整理が求められたら、まず事例を探し、もし事例が見つけられない場合は上司や先輩に相談してください。整理は、経験がものを言います。分からないまま進めてもきちんと整理することはできませんから、経験者である上司や先輩に相談するのがベストです。そしてその事例を理解し、筋が正しいか事案の適用は正しいかを検討しましょう。小さなところに落とし穴がありますので、十分注意して進めていくことが大切です。

スポンサードリンク

調整と整理の違い|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する