本を読む習慣をつけよう|公務員の仕事術

スポンサードリンク

本を読む習慣をつけよう|公務員の仕事術

公務員は、本を読む人が少ないといいます。もちろんいろんな人がいますから、たくさん本を読んでいるという人もいるでしょう。しかし、想像しているよりもはるかに少なく、読んでいても小説や漫画のみという人のほうがほとんどです。公務員は毎日が勉強で、毎日勉強し続けなければいけない職業でしょう。というのも、何度も述べているように公務員は人事異動が多く、覚えた業務も新しい部署に異動するとまたイチから覚えることになります。定年まで何度も異動が続くため、常に勉強し続けなければいけないのです。役所が変われば、当然求められる知識やスキルは大きく変わってきます。そうしたことを考えたうえで勉強していかなければいけませんから、公務員は「勉強し続けなければならない職業」といわれているのでしょう。そのためには、本を読むことも大切ですし、人から学ぶこと、自分の経験から学ぶことができます。

 

スポンサードリンク

 

もう少し詳しく説明すると、1.自分の経験から学ぶ、2.人から学ぶ、3.本から学ぶ、の3つです。自分が生涯経験できることや会える人というのは限られています。しかし、本は常に新しいものが発売され、さまざまな情報で溢れています。もちろん自分の経験から学ぶこと、人から学ぶこともとても大切ですが、本から学ぶこともとても大切といえるでしょう。1ヶ月に1冊本を読む人とまったく読まない人とでは、10年後に本から得た知識は120冊も差が出てしまいます。「忙しくてなかなか読む機会がない」という人も、通勤の電車やバスの中で読むことをおすすめします。きっと学ぶことがたくさん書かれているでしょう。ただ本を読むときに気をつけてほしいのは、「読みっぱなしにしない」ことです。本を読んだら、学んだことを読書メモに書くことがポイントです。仕事に役立つための本を読んでいるのですから、読みっぱなしにしていては何も身につかないでしょう。メモすることで記憶しやすくなりますし、仕事にもどんどん役立たせることができます。メモは手書きでもOKですが、後で役に立つように工夫することをおすすめします。エバーノート(Evernote)はとても役に立つのではないでしょうか。以前と同じテーマの本を読んだ場合は、読書メモに追加します。たとえば、増田寛也編著「地方消滅(中公新書)」を読んだあとに山下祐介著「地方消滅の罠(ちくま新書)」や松谷明彦著「東京劣化(PHP新書)」を読んだ場合は、地方消滅の読書メモをし、地方消滅の罠・東京劣化の感想を添えます。そうすることでより深く豊かに学ぶことができるでしょう。

スポンサードリンク

本を読む習慣をつけよう|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する