勉強会に参加しよう|公務員の仕事術

スポンサードリンク

勉強会に参加しよう|公務員の仕事術

学びは成長に繋がります。ですから、積極的に勉強会ができる環境を作りましょう。勉強会のおもしろいところは、各々から興味深い話を聞けること、注目しているものが個々で違うため刺激になります。またみんなでやれば、ひとりでやるよりもハードルは低くなりますし、共有することで仲間意識も生まれるでしょう。楽しく和気あいあいと勉強ができる雰囲気なら、より学ぶことにおもしろさを感じることができます。ですから、勉強会といってもあまり堅苦しいものを考える必要はありません。最初は、ランチ会や朝活など、気軽なものからはじめてみるのでも良いでしょう。「さぁ、勉強するぞ!」と意気込んでしまうと、苦痛になってしまうことがあるからです。美味しい料理やスイーツに囲まれながら、楽しく語り合ってみてはいかがでしょうか。「読書会」と称し、それぞれが最近読んでおもしろかった本を紹介し合うのでもかまいません。もちろん、時には真面目に話し合うのも良いでしょう。勉強会といっても、本格的な勉強だけでなく趣味でも良いのです。前述したように本でも良いですし、映画や音楽などでも良いでしょう。「仕事に関係ないのでは?」と思うようなことでも、楽しくいろんな情報を交換するだけでもいろんな知識を得ることはできます。そこから勉強の輪を広げていくと良いでしょう。まずはストレスを感じないような勉強会を開くことです。

 

スポンサードリンク

 

外には、たくさんの刺激があります。内にこもってばかりでは、平和である反面で刺激を得ることはできません。だからこそ、積極的に外へ出て多くのことを吸収し学ぶことが大切なのです。それが直接仕事と関係のないことでも良いでしょう。目を凝らして見ると、いろんな自治体が勉強会を開催しています。東京の多摩地域では、2015年11月に80人もの規模の交流・学習会を立川市で実施しており、それぞれが持っている問題意識や知識などを共有しています。交流・学習会のテーマは毎回異なります。第2回は、「自治体の財政について」でした。多摩地域に関わる人たちが出会い、語り合い、繋がることでどんどん多摩川の輪が広がっていきます。多摩地域以外でも、このような交流の場を作っているところはあるでしょう。たとば、中野区のNAS(NakankoAfterSix)や政策法務研究会なども各都道府県で実施されています。各々が住んでいる地域の自治体はどんな勉強会を開いているのか、どんな交流会があるのかを一度調べてみてはいかがでしょうか。個々の成長力や刺激を受けるなら、やはりどんどん外に出ていろんな交流を持つことが大切です。公務員の仕事は自治体によって異なります。だからこそ、職場の外に出ることが大きなメリットに繋がるのです。「公務員の仕事はルーチンワークが多い」「年数を経るごとに保守的になりやすい」という意見が多いですが、刺激を受ける環境を持っていれば、そういった停滞に陥ることはありません。自然と元気に働くことができるでしょう。特に仕事で行き詰ったときは、外に出ていろんなものに触れてみてください。

 

分かりやすい例えが「カエル」です。カエルは、熱湯に入れると跳ねて逃げてしまいますが、水に入れて徐々に熱していくと死んでしまうといいます。要するに、ぬるま湯な環境にばかり浸かっていると、人間もカエルと同じような状況になってしまうというわけです。常に新鮮な空気を持つためには、ぬるま湯に浸かっていてはいけません。新しい仲間と出会い刺激を受けるためにも、月1回でも良いので勉強会などを開催・参加するようにしましょう。そして、多くの刺激を受け、さまざまな知識を吸収してください。

スポンサードリンク

勉強会に参加しよう|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する