始業と同時に仕事ができるように出勤しよう|公務員の仕事術

スポンサードリンク

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう|公務員の仕事術

公務員になって最初の1ヶ月は、「始業時間20分までの出勤」が身につけるべき習慣になります。もちろんそれだけではありませんが、特に入社してすぐの頃は、この習慣が非常に重要になり、仕事にも大きく影響してきます。たとえば市役所で働いていた場合、その日によって朝イチからお客さんの対応をしなければいけなくなることもあります。8時半が始業時刻なら、8時には市役所に着いていなければいけないでしょう。というのも、始業時刻の前から窓口の準備やパソコンの立ち上げなど市民対応を行っている職員が働いているからです。公務員の場合は、始業時刻が決まっています。普通の接客業なら始業時刻と開店時刻は異なりますが、公務員は同じです。それをギリギリの時刻に到着してしまうのはお客さんを待たせてしまうだけでなく、早く来ている他の職員にも迷惑をかけてしまうことになるでしょう。新人職員であればなおさら始業時刻より早く到着し準備を進めることが必要不可欠です。もちろん、お客さんへ対応するためだけに始業時刻より早く到着しなければいけないわけではありません。早く出勤することのメリットは、1.早く職場に慣れる、2.余裕をもって準備ができる、3.自分のペースで仕事をはじめられる、4.先輩たちと接する時間が持てる、などが挙げられます。これらは、「仕事ができる人の特徴」でもあり、始業時刻より早く出勤するということは残業も少なく、仕事ができる人へとステップアップできるということにもなるでしょう。もちろん、始業時刻は職種によってさまざまです。前述した職種は公務員だったため始業時刻が固定しています。しかし、どの職種でもやはり始業時刻より早く出勤することが大切です。

 

スポンサードリンク

 

挨拶も身に付ける
そして、挨拶。これは新人に限ったことではありませんが、新人であれば特に挨拶はその人の印象を大きく左右します。場を明るくし、皆が気持ち良く仕事ができるようになります。「おはよう」というひと言は職場に活気をも与えてくれるでしょう。「挨拶」という漢字には、「心を開き相手に近づく」という意味があるのは知っていますか?ですから、どんなときも自分から挨拶することを心がけましょう。礼儀正しさは最強の武器になり、挨拶は公務員一生の武器になります。実際、挨拶が飛び交う会社では場の雰囲気が明るいだけでなく会社そのものの雰囲気も良くしていることが分かっています。たとえば、積極的に挨拶をする上司と不愛想な上司、どちらが安心して働けると思いますか?断然、前者でしょう。もちろん、挨拶するのは職員だけではありません。会社に来る業者や清掃スタッフなど、職員以外にも会釈・挨拶を。頭では分かっていても、つい職員以外への挨拶を忘れがちですが、意識して行うことでやはり仕事でもプラスになるでしょう。このように、始業時刻より20分前に出勤し、きちんと挨拶を習慣づけることで将来的に「できる人」へとスキルアップできるはずです。

スポンサードリンク

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう|公務員の仕事術関連ページ

まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する