同じミスを繰り返さない|公務員の仕事術

スポンサードリンク

同じミスを繰り返さない|公務員の仕事術

同じように仕事をしていても、なぜか「ミスの多い人」「ミスの少ない人」がいます。誰だってミスは嫌なものですし、なるべくは避けたいところです。しかし、最近の若手職員はミスが少ないといわれています。若手職員こそミスが多いイメージがありますが、なぜか最近はそういった若手職員が少ないといいますから驚きです。もちろんすべての若手職員がミスをしないわけではありませんが、ひと昔前に比べるとミスをする人は稀になったといわれています。でもなぜ、ミスが多い人・少ない人がいるのでしょうか?もともと公務員はこの2つに分けられるといわれていますが、ミスが少ない人のポイントは3つ挙げられます。1つ目は、正確な手順で仕事を進めていくことです。2つ目は、ミスが出やすいポイント、いわゆる注意点を把握したうえで、3つ目のチェックを行います。簡単にまとめると、正確な手順→注意点→チェックの流れです。ミスが多い人は、逆にこの3つがきちんとできていないといいます。とはいえ、この3つをきちんと実践することは決して簡単ではありません。これらを行うためには、ただ頭の中で理解しているだけでは実行できないからです。

 

スポンサードリンク

 

では、どうすれば良いのか…それは、「ミス記録」「チェックシート」「マニュアル改善」の3つの「ミス防止」を行うことでしょう。まず、「ミス記録」です。これは、分かりやすくいうと以前流行ったレコーディングダイエットと同じような方法になります。自身のミスを具体的に理解し把握します。人間は、どうしても不都合なことは忘れようとしますが、これでは残念ながらミスを繰り返すだけです。レコーディングダイエットというのは、食べたものをその都度書いていくものですが、ミス記録でも同じように「どんなミスをしたのか」を具体的に記録していきましょう。記録することで、自身のミスの傾向に気づくことができるようになります。「チェックシート」ですが、仕事ごとにリスト化していくものです。そうすることで抜け漏れを防ぐことができます。ミスを発見するための数値などをきちんとチェックシートにリスト化することで、先にも述べたように自身のミス傾向に気づくことができるでしょう。「マニュアル改善」では、マニュアルどおりに行わないと問題が生じるというのを防ぐために、ミスが出たなら当該部分にどんなミスが発生したのか、そしてそのリカバリーについて書き記していきます。そうすることで、マニュアルの手順の意味を見過ごすことなく仕事ができるでしょう。マニュアルは、正しい手順だけしか書いていません。その意味は軽視されがちですから、きちんと理解するために前述した方法を取ってみてください。そして、ダブルチェックでさらにミスを防ぎましょう。これらに気づくことができれば、今までよりミスを減らすことができるはずです。

スポンサードリンク

同じミスを繰り返さない|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する