異動をステップアップの機会として活用する|公務員の仕事術

スポンサードリンク

異動をステップアップの機会として活用する|公務員の仕事術

公務員は、とにかく人事異動が多い職種です。定年までに何度も異動があるため、公務員になるとその宿命を乗り越えなければいけません。異動は楽しくもあり苦しいものです。新人のうちは、「いろんな職場や分野で働ける」と意気込んでいても、中年以降になると徐々に異動が苦しいものとなってきます。もちろんなかにはいつまでも異動を楽しんでいる人もいます。しかし、異動があるということは、また新たに仕事を覚えなければいけなくなってしまいます。新人のうちは体力があり多くのものをスピーディーに吸収できますが、中年以降になるとそれは容易ではなくなります。40代・50代になると新しい仕事を覚えることがより大変になるものです。とはいえ、異動をすると新たな出会いが待っています。そのため、マンネリ化は防ぐことができるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

異動のたびにレベルアップする人がいます。公務員ですから異動は当たり前なのですが、そのなかでレベルアップするのはひとつひとつの仕事・職場で実務経験を積んでいて、それによって関係者の信頼を得ているからです。そのため、異動するたびにレベルアップしていくのでしょう。もちろん、ただ異動するだけの人もいます。公務員にとって異動は当たり前ですから、そこに意欲はありません。ただ異動するだけの人は、異動のたびに仕事をリセットしているのでいつまで経ってもレベルアップしません。新人に毛が生えた程度で、中堅であっても中堅らしさがないでしょう。それぞれの違いは、「目的意識の差」「勉強の差」です。その場その場でこなしていただけの人と問題を解決する仕事を重ねてきた人では、当然目的意識は違います。勉強も、質・量ともにリセットする人とは大きく異なるでしょう。年齢とともに体力や記憶は衰えていきますが、錆びない人たちは学びの姿勢を忘れません。頭の中にしっかり叩き込めるように、メモやノートなどを駆使しています。そういった意識を持つことができれば、異動のたびにレベルアップできるようになるかもしれません。

 

積み上げた信頼は、公務員にとって大きな武器になります。そのためには、目的意識を高く持ち、コツコツと努力をすることが大切です。そして、出会う人との縁を大事にしているとピンチもチャンスに変わります。若手のうちはスピーディーに仕事をする人こそできると思われがちですが、中堅の壁を超えるにはそれだけでは難しいでしょう。ましてやマネージャーの壁ともなると、高く険しいものになります。公務員は、長く人と関わり、そのなかで仕事を進めていきます。異動では、自分が苦手な仕事に就かなければいけないこともあるでしょう。そんなときも、やるべきことはきちんとやる。それによってどんどん信頼が積み上げられていくのです。多少頭が良くても、知識とスキルを持ち合わせていても、新人の差は決して大きいものではありません。

スポンサードリンク

異動をステップアップの機会として活用する|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
手帳は持ち歩くこと
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
進みたいキャリアを意識する