手帳は持ち歩くこと|公務員の仕事術

スポンサードリンク

手帳は持ち歩くこと|公務員の仕事術

あなたは卓上カレンダー派ですか?それとも手帳派ですか?デスクで仕事をすることが多いと、卓上カレンダーを置いている人は少なくありません。そして、卓上カレンダーに予定を書き、業務管理を行っている人も少なくないといいます。カレンダーに書き込んでいるのですから、「何も書かないより業務管理できているのでは?」と思われるかもしれません。しかし、卓上カレンダーにスケジュールを書くということは、席に戻らなければ予定を知ることができません。確かに、職種によっては業務管理の必要性がない場合もあります。しかし、たとえ打ち合わせなどのアポイントが少なくても、用紙の補充や打ち合わせ準備、マニュアル改善、上司への報告や連絡など「タスク」は存在するはずです。仕事を確実に、そしてスピーディーにこなすためには業務それぞれのタスクをきちんと管理する必要があります。公務員にとっては、この「タスクを管理し多くの業務を効率良くこなすこと」は必須スキルになるでしょう。そのためには、卓上カレンダーでは当然タスク管理はできません。やはり、手帳が基本ツールになるでしょう。近年はスマートフォンのアプリなどで管理している方も増え、手軽に簡単にタスク管理ができるようになりました。特に抜け漏れの多い人や仕事に追われている人は、ぜひ手帳を持ち歩き「タスク管理(業務管理)」を行ってみてください。グッと仕事の効率がアップするはずです。

 

スポンサードリンク

 

また業務日誌も役に立つでしょう。業務日誌がないところが多いといいますが、毎日の業務内容について報告することで「いつどんな指導を受けたのか」ということもよく分かるようになります。業務日誌を行っているのはまだ公務員全体のなかでもごく一部ですが、日誌をつけていれば仕事にも役立たせることができますし、大事なことをきちんと振り返ることができます。業務日誌をつけているところは、「手帳」「ノート」「ワード・エクセル」「ダイアリー」など形態はさまざま。1日にひとつ学んだことを書いたとしても、1年後には200を超える大きな学びとなるでしょう。ただ注意してほしい点があります。それは、「個人情報の記入」です。地方公務員法第34条に書かれている「職務上知り得た秘密」は絶対に書かないようにしてください。どうしても記録が必要な場合は記号などを使い、万が一紛失や公開請求があった場合でも問題がないように備えておきましょう。

 

スポンサードリンク

手帳は持ち歩くこと|公務員の仕事術関連ページ

始業と同時に仕事ができるように出勤しよう
まずは教わったとおりにやってみる
とにかくメモすること
マニュアルで引き継ぎに備える
5分前のさらに5分前を心がけて
小さな積み重ねが信頼に繋がる
きちんと指示を受ける
根拠は何か、目的は何かを考える
指示を受けたらゴールを見据えてから動きだそう
前例は大いに活用する|公務員の仕事に前例無しはレアケース
同じミスを繰り返さない
相手のへ配慮と気配りを忘れない
最初のひと言で「報連相」どれなのか分かるようにしよう
意見を言おう。決定には従おう
自分の部署だけ良ければ良いはダメ
第一印象の大切さを常に意識する
市民が聞かなくても分かるよう「可視化」する
上司の目線で書くことを重視する
文書は、習うより慣れることがもっとも重要
会計は面白い!
会議の流れを掴むトレーニングとは
調整と整理の違い
手帳を活用しよう
根回しのやり方を覚えよう
トラブルを想定して対策をシュミレーションする|公務員の仕事術
例規と要綱を読めば周りと差が付く|公務員の仕事術
若手は雑用を積極的に引き受ける
人間関係を広げると仕事がやりやすくなる
メンターを見付け、ライバルを作ろう
人には敬意を払おう
立体的な人間関係を作ろう
本を読む習慣をつけよう
リーダーシップを磨くにはリーダーになるしかない
決断力と判断力の違いを抑え、磨こう
勉強会に参加しよう
仕事は早く覚え、未来を見据える
モチベーションを保つ工夫をする
叱られたら正面から乗り越える
健康で学ぶことを忘れないようにする
家族や友人と過ごす時間を持つ
地域活動に顔を出してみる
まずは働いて汗をかくことが大事
「ぬるま湯の公務員」にならないようにする
異動をステップアップの機会として活用する
進みたいキャリアを意識する